お宝情報

瞬間英作文がスピーキング力の鍵 瞬間英語以外の英語ペラペラはない


ycs-%e9%96%8b%e7%99%ba%e8%80%85

By Dr. K. Kinoshita(木下和好): YouCanListen 開発者・同時通訳者・元NHK TV・ラジオ 英語教授

<瞬間英作の大切さ>

世界のどんな言語であれ、自然な会話をするためには「瞬間作文」の能力が備わっていることが前提となる。英語を話す場合は「瞬間英作力」となる。まず脳に思い描くイメージ(言いたい内容)がその思考パターンに従って的確に音の並び、すなわち英文に変換させる必要がある。この変換作業がなければ、英語が口から出て来ることはない。子供の時に英語を母国語として習得する場合は、自然に又無意識的に瞬間英作力が身に付く。でも10才以降、特に13以降に英語を学ぶ場合、瞬間英作力は自然に又無意識的に身に付けることは困難となり、どうしても意識的に又正しい学習法に従って学ぶ必要がある。

又「英作力」は瞬間的でなくてはならない。脳内で瞬間的に英作されない限り、英語での会話を維持することが出来ない。それで英語を自由に話すためには、「英作力」と「瞬間的」という2つがキーワードとなる。

<瞬間英作のプロセス>

スピーキングとは、人が何かを思った瞬間にそれを音声で表現することを意味するが、瞬間的な出来事であっても、脳内で起こることにはプロセス(順序)があり、それがスピーキングメカニズムとなる。

1.

人はまず脳の Creative Area と呼ばれる部分で、何かをイメージする。この「イメージ」は「思い」とか「言いたい内容」と言うこともできる。*人の話を聞いた時に脳に浮かぶイメージは「思い」ではなく「意味」と呼ばれる。

2.

Creative Area で思い浮かべたイメージは、その思考パターンに従ってスピーキング脳(Broca’s Area)で音の並び(単語・語順etc)に変換される。この作業が「瞬間英作 Step1」である。この段階で「イメージ」を他人に伝達するための「文」になるが(単語1語の場合もある)、「音の並び」とは言ってもまだ音声化前なので、このままではそのイメージを人に伝えることは出来ない。

3.

次の瞬間、スピーキング脳は音の並びを運動神経パルスに変換し(瞬間英作 Step2)、そのパルスを横隔膜・声帯・舌・唇・下顎に伝える。

4.

横隔膜・声帯・舌・唇・下顎が運動神経パルスに従って動き、空気振動(音声波形)を作り出す(瞬間英作 Step3)。それが空気を伝わって聞く人の耳に届く。ここまでがスピーキングのプロセスとなる

Creative Area でイメージ(言いたい内容)を思い描く

 a01-image

スピーキング脳がイメージをその思考パターンに従って即座に音の並び(単語・語順etc)に変換(瞬間英作 Step1)

a01-pulse

同時に音の並びを運動神経パルスに変換する(瞬間英作 Step2)

横隔膜・声帯・舌・唇・下顎 が運動神経パルスを空気振動(音声波形)に変換する(瞬間英作 Step3)

aa01-wave

<英作の練習>

瞬間英作には文字通り2つの要素がある。1つは「英作」でもう1つが「瞬間」である。

「英作」とは Creative Area で思い描くイメージ(思い・言いたい内容)をその思考パターンに従って「音の並び(単語・語順etc)」に変換することを意味する(瞬間英作 Step1)。

そのためには「イメージ」と「音の並び」が結合されていることが大前提となる。

英語圏に生まれ育った子供は、英語漬けの環境の中で、自然にしかも無意識的に「イメージ」と「音の並び」が結合されて行くので、瞬間英作の意識のないまま瞬間英作をし英語を自由に話すようになる。でも10才以降、特に13才以降に英語を学ぼうとする時、英語に触れるだけでは自然に又無意識的には「イメージ」と「音の並び」が結合しにくくなる。最悪の場合、英語圏に何年も住んでも「イメージ」と「音の並び」の結合が進まず、何十年経っても英語が話せない状態が続く危険性がある。

10才以降、特に13才以降に英語を学ぶ場合は、「イメージ」と「音の並び」を結合させ、又応用力を身に付けるための学習プログラムが必要である。そして意識的に学んで行かなければならない。でもこの視点から開発された学習プログラムは珍しく、又ネイティブの先生方が教える場合も、「イメージと音の並びの結合」という概念が薄い場合が多い。

では日本人の場合、何をどう学べば「イメージ」と「音の並び」が結合して行くのだろうか?実はそのために開発された英語スピーキング習得プログラムがYouCanListen である。YCLの一番の特徴は「代入法」で「イメージ」の思考パターンを48種類に分類し、それらを徹底的に学び、簡単な英文に代入して、無限に近い英文が言えるようになる学習法である。

<代入法の特徴>

イメージと音の並びの結合を可能にするための代入法は、英語の3大ルールによって可能となる。

【ルール1: 全ての英文は3大要素で成り立っている

全ての英文は「名詞」「動詞」「副詞」の3大要素で成り立っています。ただし1つの英文に「名詞」や「副詞」が複数使われることがあります。又「副詞」は全然使われない場合もあります。

【ルール2: 全ての英文は「名詞化」あるいは「副詞化」することができる

全ての英文(短くても長くても)は「名詞化」あるいは「副詞化」させることが出来、「名詞化表現」はひとつの名詞として、「副詞化表現」は1つの副詞として扱うことが出来る。

名詞化例:

My grandfather built the house.

(祖父がその家を建てました。)

the house my grandfather built

祖父が建てた家

 副詞化例:

They pay the fee.

(彼らは料金を払います。)

unless they pay the fee

彼らが料金を払わない限り

 

【ルール3:「名詞化表現・副詞化表現」は、他の英文の「名詞・副詞」と入れ替え可能

全ての英文は「名詞化」又は「副詞化」することができるが、それらの「名詞化表現」又は「副詞化表現」は、他の英文の「名詞」あるいは「副詞」の部分に代入することが出来る。このプロセスを練習することにより、「イメージ」と「音の並び」の結合が進み、瞬間英作力が身に付いて行く。

名詞化表現の代入例:

This is a national treasure.

(これは国宝です。)

This is the house my grandfather built.

(これは祖父が建てた家です。)

副詞化表現の代入例:

They can’t get in now.

(彼らは入れません。)

They can’t get in unless they pay the fee.

(彼らは料金を払わない限り入れません。)

 「名詞化」は35種類、「副詞化」は13種類なので、全部で48種類しかない。でもこれらの代入法の技術を身に付けると、瞬間英作の能力は無限大に広がって行き、やがて思ったことを何でも瞬時に言える人に変身することが可能となる。

<瞬間の練習>

英語(他の言語も同じ)を話す時、「瞬間」という重大要素がある。頭に思い描いたイメージ(言いたい内容)が瞬時に英語の音の並び(文章)に変換されない場合、すなわちじっくり考えないと英文が出来上がらないという状態では、英会話は成り立たないし、刻々と内容が変化する生きた会話にはついて行けない。

音の並びに変換すべきイメージ

a01-image

じっくり考える

Time is up concept clock closeup isolated on white

会話にならない

日本人が日本語を話す時は、言うまでもなくイメージが瞬時に日本語の音の並びに変換されるわけだが、英語を学ぶ場合も、瞬間英作力の習得が必須となる。

瞬間英作の力を身に付ける良い方法は、イメージが提供された瞬間から英作し音声化するまでの反応時間に制限を設けることだ。ここに着目したのが YouCanListen の学習メソードだ。反応時間を最初から短く設定すると、能力を超えた学びになってしまうので、最初は考える時間を多めに設定し、徐々に短くして行くのが理想的である。

YCLの学びでは、最初は時間的制限なしで、すなわちじっくり考えながら、英文を作る練習が出来る。次に反応時間を7秒に設定し、5秒、3秒、そして最後は1秒まで縮めることが出来る。反応時間が1秒ということは、イメージが提供された瞬間から1秒以内に英作し音声化することを意味する。すなわち文字通り瞬間英作の練習をすることになる。

time-limit

もし1秒反応で2496の英文を全て正確に言うことが出来るようになれば、応用力も身に付くので、思ったことを瞬時に英語で言うことが可能になる。実際そのような人達が多く現れている。

communications

ペラペラ