お宝情報

英会話習得の最初の先生は音楽を聴くためのレコードプレーヤーだった。


ycs-%e9%96%8b%e7%99%ba%e8%80%85

By Dr. K. Kinoshita(木下和好): YouCanListen 開発者・同時通訳者・元NHK TV・ラジオ 英語教授

<母親が内職で家計を支えていた>

私は小学校の高学年になるまでずっと英語を学ぶ方法を探し求めていたが、お金がかかることは一切無理なので、我慢するしかなかった。父はアル中で、月給のかなりの部分をお酒に使ってしまっていたので、家計を支えるために、母は色々な内職を探しながらわずかな収入を得ていた。おそらく月に2000~3000円程度の収入だったと思う。私も何かをしなければならないと思い、下校後、時間のある限り母の内職を手伝った。そうこうしている内に一番上の兄は大学進学をあきらめ、勤め始めた。そのころから極貧状態が少しだけ改善したような気がする。

 <一番上の兄が購入したレコードプレーヤー>

兄はクラシック音楽が好きで、中高校生の時、バッハやモーツアルトやベートーベンなどの肖像画を鉛筆で描き、何枚の作曲家の絵を壁に貼っていた。高校の時は学校所有のチェロを学び、独奏会も開いたことがある。大学をあきらめ、就職した後は自分のお金でバイオリンを買い、一人で練習していた。私も兄が大切にしていたバイオリンをこっそり弾いている内に音楽が好きになり、小4の時小学校のオーケストラに入部し、バイオリンとコントラバスを担当した。

mozart

音楽好きの兄は名曲が聴きたくて、思い切ってレコードプレーヤーを購入し、クラシック音楽(英語では”classic music”ではなく”classical music”となる)のレコードを毎日聞くようになった。脇で聞いていた私もクラシック音楽に惹かれて行き、ベートーベンの「運命」やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」が大好きになった。特にバッハの「G線上のアリア」のバイオリンソロに魅了され、こっそりと何度も聞いた。

<英語を学ぶ方法を思いついた>

小6になった時、あと1年待てば中学校の英語の授業が始まることはわかっていても、それまで待つのがつらかった。何とか本格的な英語の学びを始めたいという思いを潜在意識的に持ちながら日々を送っていたが、レコードプレーヤーで好きな音楽を聴いている時、突然アイディアがひらめいた。「そうだ!英会話のレコード盤を買って、このプレーヤーを使えば、毎日英語が聞けるのでは?」と。私にとっての最初の英会話教材は英会話レコードに決まった。待つことが嫌いな私は、すぐに母の所に行き、「英会話のレコード盤を買いたいのだけど」と言った。私はそれまで10円以上のこずかいをもらったことが無いので、当然そんな要求が通るわけがないことを知っていた。でもその時母は「この金額で買えるのなら、買ってもいいよ」と言って、どこからか2~3千円(額ははっきり覚えていない)かき集めて来て、私の手に持たせてくれた。2~3千円といえば、母の内職の1ヶ月分にあたる金額だった。私はその足で、町で一番大きな本屋さんに一目散に走って行った。店内をキョロキョロ見渡すと、もらった金額で買える英会話のレコードセットが目に留まり、すぐにそれを購入し、又家まで急いで走って帰った。

record-player

<毎日英会話のレコードを数時間聞いた>

家に着くと、早速レコードプレーヤーのスイッチを入れ、買ってきた英会話レコードを聴き始めた。でも初めて英語を耳にした時、何が何だかさっぱり分らなかった。英語が速すぎて、新幹線が目の前を通リ過ぎるような感じで、右の耳から左の耳へと抜けて行った。英文の意味も全く分からなかったが、レコード盤と一緒に冊子が入っていて、全ての英文の意味が書いてあったので、まず日本語訳を全部読んだ。又冊子に簡単な英文法の説明があったので、わかってもわからなくても、とりあえず読んだ。それからは、来る日も来る日も毎日数時間、レコードから聞こえて来る英語を聞き続けた。レコードを聴いている時、手は空いていたので、手では母の内職の手伝いをするために動かし、耳は聞こえて来る英語に集中した。

英会話レコードの内容は、生活の色々な場面を想定した複数の人達による対話形式のものだったが、なかなか面白い内容だった。毎日英語を聞いている内に、不思議な事が起きていることに気づいた。最初あれだけ速かった英語だが、聞いている内に英語のスピードがだんだん遅くなり、英語の音が聞こえるようになった。実際はレコードの英語のスピードが遅くなったわけではないが。

record-set

<話すためには真似て言わなければならない!>

英語がだんだんゆっくり聞こえるようになって来たが、小6の私は、英語を聞いているだけでは決して口から英語が出てくるようにはならないことを直観的に感じた。英語の音声が認識出来、聞く英文の意味が分かったとしても、自分の口でその英語を言っているわけではないので、いくら聞き続けても絶対に話せるようにならないことはわかった。私の夢は英語がペラペラ話せるようになることだったので、とにかく真似して音声に出すことにした。英語の細かい発音の仕方はわからなかったが、聞こえて来る英語に近い発音で言おうと試みた。最初のころは英語が速すぎて、真似して言おうとしても、言い終える前に次の英文に移ってしまい、なかなか思うようには行かなかった。でも毎日同じことを繰り返しているうちに、いつの間にかレコードの英語と同じスピードで、又似たような発音で模範英語についていけるようになった。英文の内容を思い浮かべながら真似して言うと、自分もそのトピックの世界に引き込まれ、本当に誰かと会話をしている気分になって行った。

speak

英会話レコードを買った小学校6年の夏ころから英語を聞き真似して言う日々が1年ほど続いたわけだが、更に気づいたのは、全ての英文をレコードのスピードと同じスピードで言えるようになっていただけでなく、ある程度日常会話が出来るようになっていたことだ。私の英語スピーキング世界は、このようにして始まった。