お宝情報

綾小路きみまろの漫談で外国人が笑った 日常的な通訳習慣は良い事


ycs-%e9%96%8b%e7%99%ba%e8%80%85

<スピーキング上達のための日々の習慣>

英語スピーキング上達のためには、正しい学習法に沿って正しく学ぶことが重要だが、日々の習慣も大切な役割を果たす。その習慣とは、日常生活の中で雑音のように耳に飛び込んで来る日本語を、同時通訳的に英語で表現し直すという作業だ。もちろん何か大切なことをしていたり、人と会話をしている時は無理だが、列車やバスを待っていたり、乗車している時、信号待ちをしている時など、耳と口が暇な時に、聞こえて来る日本語を英語で言って見る習慣を身につけると、結構良い練習になる。これは同時通訳の技術を高めるためにも良い習慣で、30年以上も軽井沢で行っている「通訳セミナー」で私が参加者に薦めていることでもある。私自身も、半無意識的に行って来ており、とっさの通訳の時に役立っている。

<綾小路きみまろって誰?>

何年か前、海外出張中に日本テレビからの留守番電話があった。詳しい内容がわからなかったので、帰国直後成田空港からテレビ局に電話を入れると、2日後に「綾小路きみまろの漫談が外国人に通じるか?」という特別番組が組まれていて、私に同時通訳をして欲しいという要件だった。私は2つの理由で戸惑った。1つは「綾小路きみまろ」という人物を未だ知らなかったこと。そしてもう1つは何の準備もなくいきなり漫談を英語に同時通訳出来るだろうかという戸惑いだった。でも他に頼める通訳者が見当たらないからと言われ、引き受けることにした。

%e7%b6%be%e5%b0%8f%e8%b7%af

<硬い通訳が多かった>

私は中学3年の時に通訳の訓練を受け、高校1年から通訳を始めた。最初はかなり下手だったが、徐々に慣れて来た。でも通訳をしながらわかったことは、語学力にだけ頼るのは危険だということだ。良い通訳をするためには、十分な準備が必要だ。準備とは話の内容だけでなく、話す人の人格、背景、知識、体験、思想などを把握することだ。それらを知っているのと知らないのとでは、通訳の質が全く異なる。それでも通訳の前に情報を十分得られる場合と、何の準備もなくいきなり通訳させられることもある。

通訳のための準備はさておき、高校1年からやってきている通訳の大半は、説教・講話、講義そしてビジネス会議だった。それらはある意味で硬い内容で、エンターテイメント的要素はほとんどない。

preacher

時には「逐次通訳」

話者の脇に立って交互に話す

%e5%8b%95%e6%99%82%e9%80%9a%e8%a8%b3

時には「同時通訳」

<準備が難しい駐日大使達の通訳>

%e5%a4%a7%e4%bd%bf%e3%81%ae%e9%80%9a%e8%a8%b3

事前準備が難しく、神経を使うのが駐日大使達の通訳だ。私は毎年行われている「国会クリスマス晩餐会」に参加する色々な国からの駐日大使の祝辞や講話を通訳しているが、失礼がないように、又訛りのある英語に惑わされないように通訳するためには、それなりのエネルギーが必要だ。でも大使達の通訳は光栄でもあり、楽しくもある。

<エンターテイメントの通訳は戸惑うことがある>

私はいつの間にか、エンターテイメント系の通訳も頼まれるようになった。そのひとつが腹話術師の通訳だ。世界にはレベルの高い腹話術師が大勢いて、彼らは腹話術をしていると感じさせないようなしゃべり方をする。すなわち複数の人物が本当にそこに存在し、互いに自然に会話をしているような感じで話すのだ。そのような著名な腹話術師が東京に集結し、腹話術国際大会のような催しが何回か行われたが、私は彼らの通訳を頼まれた。

私自身、声を変えたり口を全く動かさないで話すことなど出来ないので、本当に腹話術の通訳ができるのだろうかと不安に思ったが、実際やってみるとさほど大変ではなかった。なぜなら私は腹話術師自身の通訳をしたり、人形が話す時は人形の通訳をしたので、正々堂々と口を動かすことが出来たからだ。ただ声の質だけは変えることができなかったので、複数の人物の話をひとりの声で通訳する形となった。でも聞いている人達には違和感はなかったようだ。

entriloquist

<堺すすむの通訳>

ある時、腹話術師の通訳をしていた時、突然ギターを持った「堺すすむ」が舞台に現れ、私を呼び寄せ、アドリブでしゃべり始めた。そして私に英語に通訳するように促した。彼の特徴は面白い話の後ギターを弾きながら「なーんでか?フラメンコ」というフレイズを言う所にあった。私はその特徴まで通訳しなければならなかったので、”Why is it?” を”Wh—y is it?”と”why”を伸ばして言った所、本人の「なーんでか?」より受けてしまった。

%e5%a0%ba%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%80

<綾小路きみまろの通訳>

綾小路きみまろの漫談の同時通訳の日、私はある喫茶店に案内された。そこにはTVカメラが2台ほど用意されており、何人かの外国人達がすでにテーブルを囲んでいた。私が漫談の録画が映し出されるテレビの脇に座ると、女子アナが現れ、視聴者に向かって何が始まるかの説明をした。又綾小路きみまろ本人は別のカメラでテレビ画面に映し出され、同時通訳を見守りながらどんな結末になるかを見届けるという設定になっていた。

いよいよ録画の再生が始まり、外国人達はそれを見ながら私の通訳に耳を傾けた。最初の1~2分は誰も笑わなかった。それを見て「きみまろ」はやはり自分の漫談は世界には通用しないと嘆き始めた。私も最初は調子が上がらず少しもたついた。でも2分を過ぎたころから外国人は笑い始め、最後まで笑い続けた。通訳が終わった後、女子アナから感想を聞かれたので、「ダジャレの部分では笑いを取れなかったと思うが、話の85%は通じ、その面白さは伝わったと思う」と答えた。それに感激した綾小路きみまろは、その後2度私に電話をよこし、海外公演を一緒にやらないかと誘って来た。でもその後彼は超多忙となり、私とのコラボは実現していない。

%e7%b6%be%e5%b0%8f%e8%b7%af

<何でも英語で言って見る習慣の大切さ>

今考えると、ジャンルも異なり、準備も出来ず、綾小路きみまろという人物について何も知らなかった私が、彼の漫談を英語に同時通訳し、それを聞いた外国人が最後まで笑ったのには、2つの要因があったと私は思う。ひとつは彼の漫談の話術とジョーク内容が世界に通用するものであったこと。そしてもう1つは、私自身が、聞こえて来る日本語をいつでも意識的に又無意識的に英語で言って見る習慣を身に付けていたことだろう。