お宝情報

文法と文法用語の違い

 


ycs-%e9%96%8b%e7%99%ba%e8%80%85

 

By Dr. K. Kinoshita(木下和好): YouCanListen 開発者・同時通訳者・元NHK TV・ラジオ 英語教授

 

<文法用語を使わない英語学習法>

YouCanListenの学習には文法的説明が一切無い(Pop up ページに出て来る名詞化・副詞化の説明を除いては)。その理由の1つは文法アレルギーの人にも安心して学んでいただくためだ。でも文法が不要という意味ではない。世界に何千もある言語の中で、文法が無い言語はひとつも存在しない。文法を捨てることはその言語全体を捨てることを意味する。

ことばを発した時に、聞いた人がその意味を理解することが出来るのは、互いに共有していることばの約束事があるからだ。「この言い方をしたらこの意味になる」とか「この意味を伝えるためにはこの言い方をする」という約束事だ。このように、どの言語であっても「意味が違えば言い方が違う」「言い方が違えば意味が違う」という原則があり、この原則に基づいた約束事が「本当の文法」あるいは「真の文法」ということになる。

YouCanListen では、英語を通じさせるための約束事を「この意味を伝えるためにはこの言い方をする」という学習4段階方式で学ぶシステムになっている。

 <会話上達のためには文法は不要か?>

こどもがことばを覚える時、文法とか文法用語など全く意識することなく習得するので、英会話を学ぶ時も、文法は不要だし、むしろ上達の妨げになると思っている人が実に多い。文法を意識せずに、とにかく話す練習をすれば、英語がペラペラになると考えるのだ。

かつてあるテレビ局である著名人が英会話関連の番組の司会をし、しきりに文法不要論を唱えていた。そして文法をかなぐり捨てた自分が、いかに英語を上手に話せるかを番組の中で毎回披露していた。でも私が見る限り、彼は自ら否定していた文法を土台として、英語を話していたので、そこには明らかな矛盾があった。

文法不要論に潜む危険性は、「意味を通じさせるために互いに共有していることばの約束事」までをも軽視したり無視したりすることだ。ことばの約束事まで放棄したら、そのことばを学ぶ意味は全くなくなり、習得することも不可能になる。英会話習得に関して文法不要論を唱える人達は、「真の文法」と「文法用語」の区別がついていない。

<英語を知らないアメリカ人講師>

私が英会話学校を経営していた時、アメリカ人講師の個人レッスンを受けていた高校生が、ある日私の所にやって来て、講師を変えて欲しいと言った。担当講師が英語を十分理解していないというのがその理由だった。現在完了形の使い方が良くわからなかったので、アメリカ人講師に”present perfect tense(現在完了形)”について詳しく教えて欲しいと言った所、その講師は”I don’t know what you are talking about.(言っている意味がわからない)”と答えたという。いくらアメリカ人とはいえ、現在完了形すら知らない人に英語を教える資格は無いと思ったらしい。

それで私は彼に言った。「あの先生はpresent perfect tense という文法用語は知らないかも知れないが、実際に話す時はpresent perfect tense をいとも簡単にしかも正確に使うことが出来るのだよ。君の場合文法用語は知っていても、とっさに口から出ないよね。それでもあの先生は英語を知らないと言えますか?」と。私の説明に彼は納得し、そのまま個人レッスンを続けた。

<真の文法と文法用語の違い>

「文法」と「文法用語」の違いは建物に例えるとわかり易い。人が家を建てる時、「図面」に従って建てる。又すでに立っている建物は「図面」に落とすことが出来る。でも「建物」と「図面」は同じではない。立派な図面を描いても、それだけで建物が建ったことにはならない。逆に図面がなくても立派な建物を建てることも出来る。

あの有名なスペインの建築家ガウディがサクラダファミリアを建てた時(今でも建築中)、図面は無かった。紐とおもりを使って建物の重力バランスを確認し、その上下を逆転してあの不規則な形の建物を建て始めた。でもサクラダファミリアが完成した暁には、だれかがそれを「図面」にすることは出来る。

図面

floorplan

↓↑

建物

house

これをことばに置き換えると、ことば(=真の文法)が建物、そして文法用語が図面となる。ことばを深く理解するには図面が有効であるが、図面を100%把握しても使えることばを習得したことにはならない。学校の英語教育の弱点がここにある。

真の文法は「意味を通じさせるための約束事」なので、英語を話したければ、文法用語の領域にとどまるのではなく、全ての英語表現を「意味」として捉える必要がある。ある特定な英語表現に明確な意味が付加されれば、その積み重ねの結果として英語が話せるようになる。たとえ文法用語を知らなくても。

真の文法を把握しているとことばが通じる

Five young friends in a coffee house

真の文法を把握していないとことばが通じない

incomprehensible

「文法用語」に翻弄されることなく「真の文法」を身につければ、必ず話せるようになる。その実現のために YouCanListen が開発された。YouCanListen は「設計図技師」を育てるのではなく、すばらしい家を建てる(きっちりした英語を話す)ことの出来る「大工」を育成するところにその使命がある。